WeBlog

Webに関する情報を中心に発信してるブログ

git rm --cached【 ファイル名】でGitの管理下から除外する

Gitでファイルを管理するときに、管理したくないファイルまでコミットしてしまうことがあります。

本来は、コミットする前に確認をする必要がありますが、コミットしてしまった場合はGitの管理から外す必要があります。

Gitの管理下から除外する

画像ファイルなどはGitの管理下にはおきたくないです。

しかし、コミットしてしまった場合は管理下から除外するする必要があります。

そのためのコマンドが下記です。

コミット後はgit rm --cached ファイル名コマンドでgitの管理対象外に設定することができます。

git rm --cached ファイル名

--cached オプションを付けることにより、ファイルを残したまま管理対象から外すことができます。

--cached オプションつけないと、ファイルごと削除しちゃいます。

Pushしてしまった場合にリモートリポジトリから削除する

不要なファイルをpushしてしまった場合は、リモートリポジトリから削除する必要があります。

その場合は下記のコマンドで削除できます。

git rm ファイル名